合宿免許における年齢制限について

>自動車教習所の実態はどうなのでしょうか。

たいていの自動車教習所は合宿免許取得に関する年齢制限を設けていません。しかし合宿免許の年齢制限を設けている自動車教習所もあるのです。多くの場合、こんな制限を設けている自動車教習所は30歳、もしくは25歳を上限としています。それを超える年齢の人は受け付けていないのです。こういって年齢制限を設けることにはいくつかの意味があります。

最初に、合宿によって運転免許の取得を考えている大半の人は若者です。また合宿場では運転免許取得に励む人たちが団体で行動するが普通です。そのため良く似た年齢の生徒が集まることで団結間が生まれ、まとまりが生じるのです。

また逆に合宿免許の年齢しばりの上限を55歳や60歳に設定している自動車教習所も存在します。このようなところでは高齢者が集まることが多く、やっぱり団結間が生じます。また若い人と比較するとお年を召した人は運転免許取得に時間を多めにとられてしまうことがあります。

しかし同じような年齢の人たちが集まって、皆一緒に教習を受けることで同じようなスピードで授業を進めることが可能であり、教官も授業をしやすいというメリットがあります。先にも述べたとおり、合宿免許所得にあたって年齢制限を設けていない自動車教習所は数多くあります。そしてこのようなところに来るのはたいていが若者です。このような中に混じって授業を受けるのは少し抵抗があるという高齢の方もいることと思います。また若者は判断力があり、運動神経もすごいです。そのためカンタンに運転免許を取得します。

このような状況を目撃してしまった高齢の合宿免許参加者は自信をなくしてしまうこともある可能性もあります。

様々なことを考慮すると、合宿免許に年齢制限を設けることはプラス材料を付与します。もちろん年齢制限のない自動車教習所は全員に合宿免許の扉を開いており、それは大変見事なことです。また年齢制限を設定している合宿免許のほうが気持ちが楽と思う人がいるのも事実です。どれが自分に合っているかを比較し、決定すべきです。