使用するソフトウェアによるシステム管理効率の差

私達が仕事をする毎日の業務の中で、意識しないでファイルのバージョンの管理をしています。例えていうと、ファイルサーバーの中にアップロードされたファイルや、ローカル上のファイルに対し、更新の時に古くなったファイルのファイル名に日付けなどをつけて上書きしたり、新規に作ったファイルの日時などを付けて作るなど、認識をせずにバージョンマネージメントをしているわけです。

また、エクセルやワードであるなら、作成者や変更履歴のログを記録することで、誰がその作業をしたのかや、いつ変更したのかなどを知ることができます。

ですが、現在仕事で扱うデータはテキストだけでなく、オフィスデータや音声、映像などのマルチメディアデータなどといった多岐に渡っている場合が多いです。これらのデータを全部バージョン管理しようと思ったとき、先述したような例のように、日にちを付けるだけといった管理では対応不可能です。もしできたとしても、大変多くの手間と時間、担当者が要求されます。

このような多種多様なデータのバージョン管理を行うソフトウェアというのがバージョン管理ソフトとして知られています。これらのバージョン管理ソフトウェアはファイルを作った人や、作成日付、更新日付や更新者、変更履歴やコメントなどのバージョン管理に必要なインフォメーションをリポジトリと言われるデータベースとして保管します。このリポジトリに対し何人かの担当者が接触し、ファイルの作成やリメイク、削除などの操作の履歴をリポジトリに書き留めておきます。
このようにな管理をする事により、ファイルに対しての5W1Hをきちんと管理する事が可能なので、対ファイルの変更履歴を全部記録しておくことが可能です。バージョン管理システムはファイルのライフサイクルを管理できるシステム管理用ソフトウェアで、ウェブの開発に必要となるHTML、CSSなどのテキストファイルや、オフィス文書、フラッシュやソースコードの管理などの履歴管理をする事が出来るものです。