空き巣が狙う窓ガラス|セキュリティ対策とは

窓ガラスのセキュリティ対策を行おう

実際のデータの統計として窓から侵入する空き巣が多いことが分かっています。その訳は、人目がないことです。戸建の場合、植木などをしていて人の目が届かない所で侵入作業が可能で、短時間で侵入が出来るからです。ちなみに、空き巣は約5分経過しても侵入出来ない場合、大抵諦めて撤退することが多いので、空き巣が諦めるようなセキュリティ対策を行うことが求められます。

の対策が急務なのが、窓ガラスです。

窓ガラスのセキュリティ対策として多くの方が1番目に考えるのが強化ガラスですが、実は強化ガラスとはセキュリティ対策には不適切なのです。強化ガラスとは、学校やオフィス、自動車などで利用されています。その特徴として、一部分破損すると鋭利な破片で怪我をしないように、粉々に破損するようになっています。また、人がぶつかる衝撃などに強いですが、バールなどの物では突き破られやすくなっています。割れにくいということを目的とした防犯対策のガラスも存在します。

その名は防犯ガラスです。防犯ガラスは一部分が破損しても、飛び散りにくく、穴を開けるのに時間が掛かります。時間が掛かるということは、侵入されるまでの時間が長くなるため。空き巣は侵入を諦めてしまう可能性が高いので、効果が期待されます。

防犯ガラス以外にも方法はあります。

それは防犯フィルムという方法です。窓ガラスに特殊なフィルムを張り付けるという方法で、安い値段から販売されています。ホームセンターで購入、貼り付けまで自分で出来るのですが、防犯ガラスと比べ劣化も早く、安いものを利用すると効果が無かったり、自分で貼りつけると劣化は早まったりすることも考えられるので、現状を考え対策を行いましょう。空き巣を諦めさせるようなセキュリティ対策を行いましょう。