ピッキングさせない鍵|セキュリティ対策とは

セキュリティが高い鍵を利用しよう

空き巣は集合住宅に比べ、戸建の方が被害にあっています。しかし、玄関からの侵入に関しては集合住宅の方が被害に遭っているのを知っていますか。その理由として、集合住宅は鍵の意識が低いからです。まずは、鍵にはどのような種類があることを知ることで、様々な対策が出来るので鍵について学びましょう。

玄関の鍵として、もっとも多く利用されているのがシリンダー錠と呼ばれる鍵を差して回して開けるタイプの物です。シリンダー錠の中にも様々な種類があり、1番ピッキング被害に遭うディスクシリンダーというものや、逆に複製が難しいディンプルシリンダーと呼ばれるものまであります。集合住宅の場合、ディスクシリンダーをまだ利用している多く存在しているので注意が必要です。戸建の場合はどのような種類を利用していても2ロックにすることをオススメします。

2つにすることで、2つ分ピッキングに時間が掛かり諦める可能性が高くなります。シリンダー錠以外にカードキータイプの鍵も存在します。シリンダー錠と比べてのメリットは鍵穴がないため、ピッキングされる心配はないということです。また、タグキーなどを利用してカードを利用しなくても簡単に開けることが出来るようなメーカーもあるので、自分に合った鍵、メーカーを探す必要があります。

そして最近多いのが、指紋などの生体認識タイプの鍵です。物理的な鍵を持たなくてよいため、子供などが紛失する心配もありません。しかし電子回路の故障や電池の交換を忘れてしまい、電池が切れてしまうと認証が出来ず、解錠することが出来ないので注意が必要です。セキュリティを意識して、鍵の交換などを行い、玄関からの侵入を防ぎましょう。