防犯カメラで空き巣から家を守る|セキュリティ対策とは

セキュリティ対策に有効な防犯カメラとは

空き巣は、家の死角を狙って侵入を試みます。何故死角を狙うのかというと、それは誰かに見られてはいけないという心理があるからです。つまり誰かに監視されているという状況を作ることで侵入を諦めるのです。しかし、死角に関してはどの家にも存在し、死角を無くすことは出来ません。その時に利用すべきセキュリティ対策とは、防犯カメラです。人の目では監視に限界がありますが、死角などに監視カメラを設置することで監視されることに恐れ侵入を諦めることが考えられます。

防犯カメラには多くの種類があります。あなたの家に最適なカメラを見つけ、さっそく実行に移しましょう。

夜不在にすることが多い方にオススメなのが、赤外線型、高感度型のカメラです。夜は真っ暗なため、近隣住民の目も届きません。つまり夜に不在が多い方は、空き巣にとって格好のカモとなるというわけです。その時に役に立つものが赤外線型、高感度型のカメラです。

赤外線カメラの特徴として、赤外線という言葉をテレビなどで聞いたことがあると思いますが、暗闇でも映すことが出来るというカメラです。一方高感度カメラは、赤外線型と比べ、映像が鮮明で綺麗に撮ることが出来ますが、一定照度以下になってしまうと、明るく映せないというデメリットがあるので注意が必要です。防犯カメラを設置する場所を考え、それに合わせて選ぶことが重要です。

来客が多い方にオススメなのが、ドーム型のカメラです。どうしても防犯カメラを設置すると、空き巣でなくても監視されていると委縮してしまう物です。ドーム型の場合、威圧感が少なく住宅玄関などで活躍しています。

動く物のみ反応し。自動的に録画を行う防犯カメラも存在します。例えば怪しい人物が録画位置まで来た場合、カメラに映った時から録画を始めるのです。つまり、被害に遭ってからだけでなく、万が一下見などに来た場合なども映すことが出来ます。防犯カメラを利用して、空き巣対策を行い家を守りましょう。