大規模修繕工事は瑕疵保険加入をリクエスト

頼れる工事業者を選ぶポイントは瑕疵保険

ご自宅のマンション管理組合に所属しているときに、大規模修繕を行うことが決まったら、まず、住宅瑕疵保険の加入を検討してください。この記事では、なぜ住宅瑕疵保険が大切なのかをご説明します。

 

この記事を読まれている方には、マンションの組合に加入していて理事を務めているかたもいらっしゃると思います。長く住み続けるためには、堅牢に建てたマンションにも定期的な修繕は必要です。自分が理事のときに工事業者を選ぶことになったら何を念頭に置けばよいのでしょう。工期や予算のこともありますし、慎重に頼りがいのある業者に工事をいらいしたいですよね。では、どのような業者が頼りがいのある業者なのでしょうか。

 

マンションの大規模修繕となると、屋上や外壁、配管など修繕の項目はさまざまですが、築年数の長いマンションの大規模修繕のなかには、修繕後に雨漏りするようになったり、配管から漏水したりするトラブルが起きてしまう報告も少なくありません。このように本来備えていなければならない性能が欠けている状態を瑕疵といいます。

マンションに瑕疵が見つかったとき、工事業者が無償で直してくれればよいのですが、倒産といった事情で対応してもらえなかったため管理組合で追加の修繕料金を負担することになった、というトラブルも起きています。マンションの大規模修繕は工事料金が高額ですので、想像するだけでもぞっとしますよね。

このようなトラブルをさけるためには、国土交通大臣が認可した保険制度を利用しましょう。大規模修繕工事瑕疵保険に加入していれば、マンション修繕後に瑕疵が見つかったら保険金が支払われます。仮に業者が倒産していても大丈夫です。

ただし、大規模修繕瑕疵保険は「任意加入」ということを覚えておきましょう。
住宅瑕疵保険は工事業者が加入する保険ですが、依頼主が何も指示しなくても工期が来たら工事を始まります。あとで困らないためにも、工事業者を選ぶときに大規模修繕工事瑕疵保険への加入を条件にしてください。

 

ほとんどの方が一生に一度購入するかどうかのマンション。気持ちよく長く住みたいですよね。大規模修繕で工事業者を探すことになったときは、トータルで自分たちの財産を守る大規模修繕工事瑕疵保険の加入を前提にして工事業者を選んでください。