正しい香典の渡し方を知っておこう

日本には様々な儀式があります。成人式、結婚式、お葬式といったように人生の大きな節目には儀式がかならずあります。そして、こういった儀式にはお金がつきものです。結婚式ならご祝儀、お葬式なら香典というようにお金を包んで渡すという行為があるのです。同じ行為でも、その行為の意味や包み方、渡し方は全く違うものです。意外と間違った覚え方をしている方も多いようですので今回は香典の正しいマナーをレクチャーしていこうとおもいます。

まずは金額ですが、亡くなった方で変わってきます。会社関係や知人などは3000から5000円、近い親族になると10000円、親兄弟は30000から100000円が相場と言われています。この時に注意していただきたいことは4や9といった数字は死や苦しいといった言葉を連想させますので、この数字がつく金額はやめておきましょう。お札も新札ではないものを包むようにしましょう。新札ですと不幸を予期して用意していたと思われるためです。かといってあまりにも汚い紙幣はかえって失礼ですのでこの点にも注意しましょう。

次にお金の向きですが、これは諸説ありますので具体的な決まりはありません。ただ、2枚以上包むときは同じ向きでそろえるという点にだけ注意しましょう。包み方は、中包みを中央におき上側を下側にかぶせるようにしましょう。熨斗袋への表書きは、宗教によって変わってきますので、どんな宗教でも使うことのできる、御霊前と記入するのがよいでしょう。不祝儀袋に蓮の花が描かれているものは仏式専用のものですので購入する際は注意が必要です。また持っていく際はふくさという小さな風呂敷のような布に香典を包んで持っていきます。

そして、受付で記帳してふくさから香典を取り出し、受付の方に表書きが見えるように両手で差し出します。このあとに一言お悔やみの言葉を添えましょう。
香典と一口で言ってもこのようにマナーが細かく決められています。訃報とはいつくるか予測ができないものですから、いざというときに困ることが無いようこういったマナーも社会人として勉強しておきましょう。